So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
マンガ ブログトップ
前の5件 | -

ベルサイユのばら [マンガ]

_20171205_190056.JPG
『ベルばら』に登場するオスカル様(///∇///)
このお方に憧れる方もきっと多いのではないかと・・・(///ω///)♪
オスカル様は幼い頃からジャルジェ将軍(オスカルの父親)の教育のもと
ひとりの女性ではなく軍人として育てられたため
容姿は男性??のように見えますが・・・
れっきとした女性なのです(*´ー`*)


ベルサイユのばら
通称『ベルばら』とは

フランスの専制君主制(絶対王政)が
崩れ落ちようとしている
激動のフランス革命前夜
そしてフランス革命(1789年革命勃発)の真っ只中を
舞台に生き抜いた
下記の四人がメインに登場するマンガです。
※かなり前にTVアニメ化はされてます。

「オスカル」マリー・アントワネットに仕える貴族の軍人
「アンドレ」幼い頃からオスカルのそばに付いている平民の軍人
「マリーアントワネット」ルイ16世の妻でフランス王妃。ルイ16世がいながらにしてフェルゼンを愛している
「フェルゼン伯爵」スウェーデン人の貴族でマリーアントワネットを一途に愛しているが故に生涯独身

berubara_04.jpg
※参考:ベルばらの人物相関図
引用元:eBookJapan様サイトより


フランス革命という
時代の荒波に翻弄された
登場人物達の生き方や人間模様。
そして友情、一途な愛、叶わぬ愛、
悲しみと悲劇などなど
「オスカル」
「アンドレ」
「マリーアントワネット」
「フェルゼン伯爵」
のうち誰ひとりとして
ハッピーエンドで
生涯が終わることが出来なかったですね(´;ω;`)


ベルサイユのばらは
ハッピーよりも悲劇が多い話ですが
オスカルとフェルゼン
オスカルとアンドレ
そしてマリー・アントワネットとフェルゼンとの
激動の時代の愛の物語は
身分を越え、登場人物達の抱える運命や境遇にも関係なく
恋や愛とが展開されますが・・・
その結末があまりにも儚くて切なくとも
とても心に響きますね。
また歴史の授業ではマリーアントワネットは
贅沢し放題でわがままな王妃で扱われてましたが・・・
時代に翻弄されながらも
フランス王国(ブルボン朝)の王妃としての
誇りとプライドを常に持ち
ひとりの女性として自らの信念を曲げずに
凛とした生き方を全うされた姿は心を打たれます。


たじまーるはこの『ベルばら』が大好きで
何度も読み直してます。
最近ですが久しぶりにまた『ベルばら』を読んでます。

名作は(ベルばらは)何度読んでも名作です(*´∇`*)


_20171205_190117.JPG


nice!(21)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

映画ちはやふる -結び- [マンガ]

最近はとても仕事がハードでしたね・・・
5月11日(木)朝から徹夜(仮眠はありましたが・・・)で仕事して、
そして仕事は続いて
5月12日(金)の夜まで仕事でした(^_^;)))

おうちに帰って夕飯食べたら即爆睡(風呂までたどり着けずに)
翌朝までよく寝ました(*´∇`*)
風呂は翌朝ゆっくり浸かって気持ち良かったですね(*^^*)
今日5/13(土)は休みでしたが
また5/14(日)からは仕事、
5/15(月)と5/16(火)は資格取得の講習会に参加して
暫く休みはありませんね(^_^;)))


話は変わりまして
たじまーるが大好きな
競技かるた(小倉百人一首)を題材としました「ちはやふる」(^○^)
その実写版の「ちはやふる」の映画
「映画ちはやふる」の続編が最近クランクインされたとのことを聞いて
とても嬉しいです(^○^)
タイトルは「ちはやふる -結び-」だそうです(*^^*)

「ちはやふる -結び-」参考情報
モデルプレス様HP
https://mdpr.jp/cinema/detail/1681913

なので最近になって
「映画ちはやふる -上の句-」と「映画ちはやふる -下の句」をまた見始めました(*´ω`*)
※5/13(土)は「上の句」の途中まで(半分くらい)観ました^^;

いつ公開するのかまだ全く分かりませんが
出演者のみなさま撮影頑張ってくださいね!


o0480028713936134785.jpg
画像は広瀬すず公式ブログより借用しました
綾瀬千早役の広瀬すずちゃんと大江奏役の上白石萌音ちゃんです("⌒∇⌒")


_20170513_183155.JPG
ちはやふるの原作(マンガ)は
現在第34巻まで出ています(*^^*)
マンガの表紙は
実写版の映画ちはやふるにて
広瀬すずちゃんが演じる主役の綾瀬千早ですね(*^^*)

_20170513_183234.JPG
ちはやふる原作マンガのほうのガイドブックです("⌒∇⌒")
表紙には主な登場人物が描かれておりますね(^○^)


nice!(18)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画ちはやふる-下の句- [マンガ]

今回の熊本・大分地震で
被災された皆様、心からお見舞い申し上げます。
本震による甚大な被害に加えて、余震が長期間に渡って続いていますので
心が休まらない日々を過ごされていることと思います。
被災された皆様が少しでもいち早く元の生活に戻ることが
出来るよう願っております。


ちはやふる31巻.JPG
ちはやふる31巻表紙


競技かるた(百人一首)に情熱を懸ける千早達(高校生達)の
友情・恋愛・成長を描いている "ちはやふる"
2月から原作マンガ読み始めてようやく最近になりまして
原作マンガの全31巻読破完了致しました(≧▽≦)
最近は "ちはやふる" に超はまってます(^^;
原作マンガは何度も繰り返して読んでいます、
感動のあまり涙が出てくるシーンも幾つかあったりもしますね(^^;


"映画ちはやふる-上の句-" は先月3/19より公開しておりますが
上の句の続きとしまして
"映画ちはやふる-下の句-" がいよいよ4/29より公開が開始されます。

"映画ちはやふる" 公式サイトはこちらから
http://www.chihayafuru-movie.com/

"映画ちはやふる-下の句-" の予告はこちらから



"Perfume" が歌う "映画ちはやふる主題歌" の "FLASH" ですが最高です(*'▽')
”ちはやふる” の作品の世界観がしっかりと表現されている曲だと思いました。
"ちはやふるの映画化" が決まる前から "Perfume" の3人は
既に "ちはやふる" の原作マンガを読んでいて、元々原作「ちはやふる」の大ファンのようで、
最初にかしゆかが読み始めて、のっちやあ~ちゃんも読み始めたようですね。

"映画ちはやふる" の主題歌 ”Perfume” が歌う "FLASH" はこちらから



先日 "映画ちはやふる-上の句-" を観に行きましたがとても感動しました(*'▽')
ですので "映画ちはやふる-下の句-" は とても×2 楽しみです。

20160407_081948.jpg


《映画『ちはやふる』 作品紹介》

2009年第2回マンガ大賞受賞、2010年「このマンガがすごい!オンナ編」第1位獲得、
2011年第35回講談社漫画賞少女部門受賞、コミックス累計発行部数1600万部突破(2016年3月時点)。
ダイナミックな“競技かるた”の魅力、等身大の高校生たちの熱き青春群像を描き、
少女コミックスの枠を超え男子からも人気を博す、
青春マンガの大本命「ちはやふる」(末次由紀/講談社「BE・LOVE」連載)が満を持しての実写映画化
しかも前編≪上の句≫、後編≪下の句≫の二部作連続での公開となります!
“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生達の友情・恋愛・成長を、
泣けるほどに熱い青春模様として描き切ります!

タイトルになっている「ちはやふる」とは、百人一首の中の一句で、
1200年前の稀代の歌人・在原業平が禁じられた恋の相手を想って詠んだとされる
「ちはやぶる神代も聞かず竜田川 唐紅に水くくるとは」が元になっています。
歌には「私の燃える想いが、激しい水の流れを真っ赤に染め上げてしまうほど、今でもあなたを愛しています」
という思いが込められており、“ちはやぶる”は “勢いの強いさま”そしてその勢いがただ一点に集中している
状態を表し、“神”の枕詞として使われます。
主人公・千早(ちはや)を表現し、また作品を象徴する歌なのです。

映画『ちはやふる』公式サイトより引用


纏まりのない文章ですが
"映画ちはやふる-下の句-" に関する記事でした(^^ゞ

nice!(21)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2月にはいってからは [マンガ]

IMG_20160213_173516.jpg
京葉線E233系5000番台 東京行

20160213_173843.jpg
武蔵野線205系 府中本町行(後追い)

仕事が終わって、2/13(土)の夕方に観ました
京葉線と武蔵野線
京葉線新木場駅(葛西臨海公園方向)にて撮影
京葉線と武蔵野線は通勤途中にですがいつも観てます(*^▽^*)


2月に入ってからたった休みが1日しか取れてませんでした、
休みがないと(当たり前ですが)疲れが抜けませんね・・・
明日2/14(日)からは休みで久しぶりの二連休です(*^▽^*)

二連休ですが
久しぶりにスポーツジムへ行ってトレーニングをして、
なかなか出来なかった部屋の片付けなどの家のことでも
しようかと思います。
あとBlu-rayレコーダーのHDDに貯まった録画データを
Blu-rayディスクへ書きこみもしとかないといけないです(((^^;)
それとなかなか出来なかったソネブロの更新や巡回も
しようかと思います(*^^*)


休みはなかったのですが
最近はまっている "ちはやふる" 第6巻まで読みました。
"ちはやふる" を楽しむためにも何度も繰り返し読むのはもちろんのこと
"百人一首" のことは(本当に)全く知らないので
"ちはやふる" に出てくる "百人一首" はWeb等で調べて
"百人一首" の歌に込められている意味をしっかりと理解できたらなあと思ってます。
"百人一首" の歌が理解できれば "ちはやふる" をもっと楽しむことができますしね(((^^;)

そして31文字に込められた和歌 "百人一首" には、和歌を作った人の
季節があり、自然があり、恋があり、人生観があり、歴史がありと
とても奥が深い世界だなあと思ってます。
また "百人一首" の百首中の半分近くは "恋の歌(ラブレター的な内容もあります)"
のようで
平安時代や鎌倉時代といった昔も今も "恋" は永遠のテーマなのですね(((^^;)
現代の人が使わないような和歌のことばに隠された奥ゆかしい恋の気持ちは
ロマンを感じてドキドキしますね(*´∇`*)

20160212_142020.jpg
原作マンガちはやふるの表紙
ちはやふる第1巻から第4巻です

IMG_20160212_142227.jpg
アニメちはやふる


nice!(20)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちはやふる [マンガ]

20160209_062541-1.jpg
以前より読んでみたかった "ちはやふる"
最近から読みはじめました(^ー^)


"ちはやふる" は
主人公の千早(ちはや)が "小倉百人一首競技かるた(以下競技かるた)" に
直向きに打ち込み情熱を懸ける姿が熱く描かれていて
また "競技かるた" を通して千早をはじめとする登場人物たちの
友情や恋や成長も描かれたお話です。

まだ原作を読み始めたばかりですので
"ちはやふる" の内容については詳しく解りませんが・・・
主人公千早が真っ直ぐ過ぎるくらいに直向きに "競技かるた=百人一首" に打ち込んでいて
競技かるたの勝負にどんな相手でも絶対に負けたくない気持ちが前面に出ていて
そんな負けず嫌いで素直過ぎるくらいに真っ直ぐな千早の姿を見ててとても共感しました。
"ちはやふる" の主人公千早みたく
何事にも一生懸命打ち込んでいる人を見ますと元気が出てくるものですよね(^ー^)
また "競技かるた" はスポーツと同じくらいに熱く激しい競技であることも
"ちはやふる" を通して知りました。
原作マンガはすでに30巻まで出てますが読み進めて行きます(*^^*)
また原作マンガに平行して以前日テレでやってたアニメ全50話も
少しずつ観てってます。

"ちはやふる" は絵も綺麗に描かれていて
主人公千早をはじめ登場人物の心情を丁寧に描かれていますね、
その辺がこの作品の魅力のひとつかもしれません。
"ちはやふる" は元々少女マンガですが
"競技かるた" を通して少年マンガ的要素が入った
「友情・努力・勝利」がしっかりと描かれているので
男性の方も入りやすい作品かなと思います。
少女マンガですのでもちろん恋愛模様もしっかりと描かれてます。
ですのでみなさまにもお勧めのマンガかと思います。

原作マンガちはやふるHP(講談社)
http://be-love.jp/chihaya

アニメちはやふるHP(日テレ)
http://www.ntv.co.jp/chihayafuru/


20160209_062551-1.jpg

nice!(36)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - マンガ ブログトップ